スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやては俺のふふん

7月中くらいはTOPに置いておくんで、新しい更新内容はこれのひとつ下のエントリーで。

[映画]
というわけで魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's観てきましたよ。
120714.jpg
リインⅡ映画かと思ったらはやて映画だったんだけどなのフェイ映画でもありヴォルケン映画なわけだが人妻映画が加わりパイルバンカー映画という意外性もありやっぱりフルボッコ映画であったがリインⅡ映画で終わると見せかけてはやては俺の姉さん女房映画でした本当にありがとうございました。

元が1クールのアニメから日常シーンやその他諸々を省いて2時間30分に圧縮したせいで、泣き入る部分が立て続けて襲ってくるもんだから涙腺が緩む緩む。
ヴィータの頑張りに泣かされ、フェイトとアリシアのやり取りに泣かされ、リインフォースの別れに泣かされ、同時にはやての大きな泣き描写2連続でトドメ刺された。
最後の泣きはTV版ではなかったシーン、でもどこかで見た覚えがあるなあと思ったら漫画版のエピソードだあれ。
ってか、なのはとフェイトの再会やはやてとヴォルケンリッターの生活部分とバトルシーン除いたら、あとはもう全体的に寂寥感、悲壮感漂いまくりだから胸に堪えるものがあるなこの映画。

でまあ、2期映画はリリカルなのはというよりは魔法家族リリカルヴォルケンと言ってもいいくらいにヴォルケン寄りの内容だわ。
ヴィータが主人公、はやてがヒロイン的な。
TV版でも思ってたけど映画はその印象がより増す。

それもなのはサイドの描写がTV版から減ってるからそういう風に見えてしまうんだろうなあ。
フェイトはまだプレシアのこと引きずってて、その心の迷いを整理したり補完したりする部分があるけど、なのはの方は自分自身の物語がないというかほとんど戦ってばかりでお話を聞くためだけの機械と化してたわマジ。

そんなこんなだけど2時間30分できちんと話は成り立ってるし、全編新規書き下ろし総集編なんて言葉だけで片付けられないパワーアップ果たしてたんで大満足の内容だった。


あとグッズ。
120714a.jpg

シュベルトクロイツ待機バージョンのレプリカは映画公開前日に届いた。
なのでこれ首に下げてドヤ顔で映画館で並べばよかったかもしれないけど、当日雨降ってたし、雨やら汗やらで濡れて劣化しても困るんで持っていかなかったわ。
夜天の書ブックカバー……どうなんだろうなこれは。
これを装着して本読んでて果たしてただのブックカバーとして人に見られるものだろうか……いやまあ別にお外で使わないけど。
のろいうさぎのぬいぐるみは持ってるとヴィータの喜ぶ顔が見られます。

以上は気分的ななりきりグッズとしてはいいものだと思うんね実用性は別として。
そういう意味でその他のグッズはぐっとくるものがなかったというか、ありふれた商品に版権絵なりロゴなり魔法陣なりプリントしてあるだけなので華麗にスルー。

パンフレットは、なんで最後6年後でなく2年後の描写で終わったかの答えが都築パパンのインタビューで書かれてるので要チェックやな。
サントラはトラック名がことごとくネタバレなので1から順に読むとだいたい話が想像できるんやな初見の人殺しやな悲劇やな。

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

プロフィール
hayate130916.jpg Author:Morino
はやてChu☆Chu!

実績のロックが解除されました
Gamer Card
カテゴリ
可憐だ
RSSリンクの表示
積みには勝てなかったよ……
Morino8810の最近やったゲーム Morino8810さんの読書メーター Morino8810の最近読んだ本 Morino8810さんの鑑賞メーター Morino8810の最近観たビデオ
web拍手ー
股間上のホライゾン
h4t.jpg h4m.jpg h4u.jpg h5t.jpg hr5u.jpg hr6t.jpg hr6m.jpg hr6u.jpg hb1.jpg hbd.jpg hbd.jpg hbd.jpg
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。